設立直後には

税理士に仕事を依頼したり、顧問契約を結ぶタイミングなどで悩まれている方も多いと思いますが、会社を設立する段階から税理士へ相談をする事をおすすめします。会社を設立する場合には、とにかく色々な手続きがあるためです。

設立後には仕事をしなければいけないタイミングで、税務署などに税務届けを提出する必要など、色々と面倒な手続きが必要になります。最初にミスが出てしまうとどうしてもその後の経営を圧迫してしまう事態に陥る可能性をふやしてしまいますので、必ず早目に顧問弁護士などを付けるようにするのがおすすめです。

税理士の仕事はとても大変な仕事なのですがしっかりと時間をかけて理解する事ができれば最低限の知識はつける事ができます。そのため、会社を設立した直後だからお金をかけるのはもったいないと思って自分で頑張ってしまう方も多くいらっしゃるのですが、顧問税理士の費用という物は経費の扱いにする事ができますので、それほど大きな負担にはなりません。これから安定した経営をして行こうと思ったら、税理士への顧問料という物は無駄にはならないと思います。税理士によってもかなり金額に差がありますので、複数の税理士事務所で相談してみてください。

1 2 3